当クラブに関して

トップページ > 40周年を迎えて

西八王子少年サッカークラブ代表より:40周年を迎えて

この40年は長いようでもあり、短いようでもあります。始めは無我夢中で子供達と接し、どのようなクラブに成るのか心配でもあり、やりがいのある事でもありました。
幸いな事にクラブの方針は発足時に決め、皆の了解を得ていましたので、コーチ全員で迷う事無く突っ走る事が出来ました。ただ、目標を達成するための手段については、合宿の時など朝まで議論したものです。
私も当時は30台後半で、若く熱心なスタッフに恵まれた事も感謝しています。
クラブも大きくなり、対外試合も増え、それなりの成果を挙げるようになりました。一時は当時の“読売クラブに匹敵するようなクラブにしたい”というような夢を持ちました。この夢は今も持ち続けていますが・・・・
しばらくして、Jリーグが発足し、ワールドカップ本大会に全日本が出場しました。これを期にサッカー熱が盛り上がり、日本でもサッカーが社会的に公認されるようになりました。
西八の卒業生達もサッカーを続け、高校、大学で活躍していますが、今まではどちらかといえば、女子の方が目だっていました。最近では、高校サッカーの全国大会でキャプテンとして活躍した選手やJリーガーも排出する事が出来ました。また、クラブ卒のコーチ達も多くなり、私達年老いた者はグランド外での応援を楽しみにしています。
最後に、クラブ創設以来子供達が成人に達した時立派な社会人に成るようサッカーを通じて教育する事を目標としています。具体的には

  1. 人の言う事は良く聞く。(聞く耳をもつ)
  2. 理解できるまで何度でも聞く。(理解力の向上)
  3. 自分の考え方を正しく伝える。(思考力の向上、正しい伝達)
  4. お互いに納得するよう努力する。(思いやり)
  5. 納得したら、即行動する。(行動力)

このような事を、常に考えられる人間になってくれればと思って40年が経過した訳です。私自身この節目で心身を新たにし、今後も頑張るつもりです。
今回、40周年を迎える事が出来たのも、スタッフをはじめ、御父母、その他関係者の方々のご指導とご協力の賜です。厚く御礼申し上げます。同時に西八王子少年サッカークラブを未来永劫発展させるためにも、今後ともよろしくお願い致します。

西八王子少年サッカークラブ代表:斧林忠義

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com